子供の好き嫌いはどうすれば改善できるの?

risarisa20141018093713_TP_V

子供の好き嫌いを改善するコツは?
子供の嫌う食べ物と克服の仕方

子供が嫌いがちな食べ物というのはどのようなものがあるのでしょうか。
子供が嫌いな食べ物の代表的なものとしてはトマト、セロリです。

このような食べ物は、ドレッシングにしたり、煮物にしたりと調理方法によって食べられるようになることもあります。
しかし、嫌いな食べ物を克服するというのは簡単なことではありません。
そこで、子供の嫌う食べ物の代表格をご紹介します。

レバー

レバーを嫌う子供というのは非常に多いです。
独特の食感と臭いが原因となっているようです。
このレバーは濃い味付けにすることで食べられるようになる、ということもあります。

アスパラガス

アスパラガスは見た目が苦手、という子供も多いようです。
そして口に入れた瞬間の青臭さというのは強烈です。
見た目は小さくカットすることで克服できますし、青臭さは気味付け、子供の好きなカレー味にするなどすれば緩和されます。

茄子

茄子というのは、茄子自体には味や香りがあるわけではありませんし、なにより見た目が気持ち悪いという子供が多いです。
食感もなんともいえない特徴のないものです。
小さくカットしてソースに使用したり、濃い味付けのものと一緒に食べることで味もはっきりとしますし、食感も柔らかくなって食べやすくなります。

ピーマン

ピーマンといえば某アニメの主人公も大嫌い!まさに子供の嫌いな野菜の代名詞です。
強烈な苦味と青臭さで、ピーマンを食べることができない子供は非常に多いでしょう。

ピーマンを食べられるようにするには、なんといっても小さくカットすることです。
子供にとって苦味のあるものというのは基本的に美味しいとは感じません。
そのため、苦味を軽減するために小さくカットすることがなによりも重要になります。

子供が嫌うものは調理で克服

子供が嫌う野菜や食べ物というのは、子供の好きな味付けや調理法で克服しましょう。
苦手な食材が入っている料理というのは味付けを濃くしたり甘くすることで食べやすくなりますし、油を使用するかわりにマヨネーズを使用するなどしてみましょう。

また、意外なほど効果が高いとされているのが、子供と一緒に料理をする、ということです。
子供の苦手な食べ物を一緒に調理することによって、調理したものを自分で食べてみる、という好奇心によって食べられることがあります。

そして、料理を手伝ってもらったら、たくさん褒めてあげてください。
苦手な食べ物を調理することで嬉しい気持ちにさせることができれば、苦手なものへの苦手意識が緩和されるようになります。

一度苦手だと思った食べ物は、どんどん頭の中で苦手なものであるということが強烈に印象付けられるようになります。
そして見るのも嫌だ、という状態になっている可能性があるのです。
そのような場合には、その苦手な食べ物に対しての苦手意識を色々な角度からのアプローチによって軽減していくことが重要になります。

苦手意識を軽減することができれば、効率よく苦手なものを克服できるようになるかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です