母乳で育てるために最良の食事は?NGは?

mother-1171569_960_720

かわいい赤ちゃんが生まれて、母乳で育てたいと思ってる人にとって、食事は最も大切なもののひとつです。

母乳は自分の身体で作られるのです。

自分の食べたものがそのまま赤ちゃんの発育に関係してくると思ったら、その精神的プレッシャーも小さなものではないはずです。

では、赤ちゃんにとって最適な母乳が出るために、おススメしたい食事は、どのようなものなのでしょうか?

そしてダメなものは?

 

母乳は血液で作られる

ramphocelus-bresilius-365798_960_720

母乳は、主に血液で作られるものです。

だから、血液の流れを良くし、質を高めることが大切です。

そのための食事を心がけていきましょう。

 

血液の流れを良くするために

血液の流れを良くするためには、水分補給が大切になってきます。

水分補給といっても、ミネラルウォーターやお茶などノンカロリーで冷たいものばかりだと、母乳のためにはあまりよくありません。

栄養のある温かい飲み物も積極的にとることで、体が温まり、質の良い母乳が作られていくのです。

他にも、根菜類はおススメです。

野菜をとることは、体内の水分量を増やすことに貢献するのですが、生野菜では体を冷やしてしまいます。

体を温める効果のある根菜類をとることで、血流を良くし、質の良い母乳が作られます。

 

血液の質を良くするために

baby-161205_960_720

血液の質を良くするためには、食事のバランスが大切です。

特に気をつけなければならないのは、ダイエット時には敵視されることの多い炭水化物をきちんととることです。

炭水化物が不足すると、母乳が出にくくなってしまい、さらにママも低血糖症になってしまいます。

毎食ごとにご飯を茶碗一杯はとるようにしましょう。

良質なたんぱく質も、母乳の生成には欠かせないものです。

そのためには、脂肪分の少ない肉や、がおススメです。

特には、同時にカルシウムもとれるので、母乳のためには欠かせないものです。

 

母乳にNGな食べ物とは?

beer-428121_960_720

菓子パン

炭水化物をとらなきゃ、と思って菓子パンを食べるのは要注意です。

菓子パンには、バターや砂糖がたっぷり使われているので、乳腺を詰まらせる原因となります。

揚げ物

基本的に揚げ物は避けたほうがいいでしょう。

もちろん油で揚げてあるので、これも乳腺を詰まらせる原因となります。

・脂肪分の多い料理

脂肪分の多い料理は、血液をドロドロにしてしまいます。

血の流れが悪くなるので、母乳の出が悪くなります。

アルコール

ママがアルコールを飲むと、赤ちゃんも飲むことになります。

それは、赤ちゃんの発育や脳の発達に重大な問題を引き起こす可能性があります。

・カフェイン

カフェインは、興奮作用があります。

赤ちゃんも興奮して眠れなくなってしまいます。

 

乳腺炎には注意!

new-years-1119209_960_720

乳房に白斑やしこりができているのに気づいたら、要注意です。

乳腺炎になる一歩手前です。

それに気づいたら、あっさりとした和食中心のメニューを心がけましょう。

高カロリーな食事や乳製品、甘い洋菓子などは控えましょう。

しばらくあっさりメニューを心がけて、乳腺炎が治ったからといって、また高カロリーな食事に戻ってしまったら、再発することもあります。

授乳中の一年以内くらいのことなので、そこは割り切って、食事に気をつけてくださいね。

 

ストレスはたまらないように

mother-1171569_960_720

いくら食事に気をつけても、ストレスがたまりすぎたら、出るものも出なくなってしまうことがあります。

母乳によくない食べ物だからといって、がまんしすぎるのも考えものです。

同じものばかり大量に取りすぎることだけは気を付けて、少量なら時には摂取しても大丈夫です。

母乳のために大切な食事は、水分とバランスです。

そこは心がけて、あまり難しく考えすぎないよう、母乳育児を楽しんでいきましょう。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です