母乳育児はママのためにもなる!?ママに嬉しい効果も絶大!

pregnancy-784671_960_720

母乳は、赤ちゃんの成長に欠かせない成分がたっぷり詰まったスーパーフードです。

母乳で赤ちゃんを育てることは、赤ちゃんのためになるメリットがたくさんあります。

でも、忘れてはいけません。

母乳で赤ちゃんを育てると、ママにも嬉しい効果がたくさんあるのです。

 

産後の母体回復に効果あり

pregnancy-784671_960_720

妊娠期、ママの子宮は赤ちゃんの成長に従って大きくなっていまきす。

出産後は大きくなった子宮を元の大きさに収縮させなければなりません。

この子宮収縮に一役買ってくれるのが、実は母乳育児なのです。

 

子宮収縮のためのホルモンを分泌

赤ちゃんがママの乳首を口に含んで、母乳を飲み始めると、ママの体内にはオキシトシンというホルモンが分泌されます。

このオキシトシンが、子宮収縮に関係するホルモンなのです。

つまり、赤ちゃんは、母乳を飲むごとにママに子宮収縮剤をあげているのですね。

さらに、母乳を作るためにプロラクチンというホルモンも、ママの体内には分泌されます。

プロラクチンは「愛情ホルモン」とも呼ばれ、ママの赤ちゃんに対する愛情が増し、赤ちゃんに集中する働きもあります。

赤ちゃんに対する愛情が増えると、育児も楽しくなりますね。

 

自然とスキンシップがとれるようになる

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

赤ちゃんに母乳をあげるときは、肌と肌が直接触れ合うことになります。

ごく自然に赤ちゃんとのスキンシップがとれます。

赤ちゃんにとってもママにとっても、スキンシップは大切です。

赤ちゃんはママの温もりが大好きです。

ママも赤ちゃんの柔らかい感触は大好き。

お互いに幸せな気持ちになります。

スキンシップが1日に何回も自然な形でとれるのは、赤ちゃんの成長にとって、とても大切なことです。

 

赤ちゃんの健康チェックができる

maria-160949_960_720

ママにとって最も怖いことひとつに、赤ちゃんが急に熱を出すことがあります。

でも、1日に何回も授乳して、スキンシップをとっていると、授乳時にすぐ赤ちゃんの体温異常に気づくことができます。

さっき母乳をあげたときよりなんだか熱い、と感じたら、すぐに体温計で熱を計ることができるので、病気に気づくのが早くなります。

初期対応は早ければ早いほどいいものです。

 

母乳にはコストがかからない

母乳を出やすくするため、食事に気をつけることはありますが、食事はどうしてもとらないといけないものなので、食事代は生活費です。

ミルクで育つ赤ちゃんにとってはミルク代も生活費ではありますが、母乳で育てると、ミルク代がかからないことになります。

母乳育児はミルクで育てるよりも経済的といえるでしょう。

 

母乳育児はダイエットにも効果あり

girl-97088_960_720

妊娠中は、子宮内で赤ちゃんを育てるために、どうしても体重が増えてしまいやすくなります。

体重が増えたぶんは、脂肪として出産後も体内に蓄積されることになります。

この脂肪分を、乳脂肪として体外に出してくれるのが母乳なのです。

ママの身体に蓄積されたいらない脂肪分が、赤ちゃんを育てるために役立つのです。

ママも無理なくダイエットできて、赤ちゃんは元気に育つ。

双方にとってこれ以上ないくらい素敵な効果です。

 

こだわりすぎるのは禁物

brothers-457234_960_720

最後にひとつ気を付けなければならないのは、母乳育児にこだわりすぎるあまり、ミルクを完全にシャットアウトしてしまうことです。

たしかに母乳育児は素晴らしいものです。

でも、それにこだわりすぎて、ミルクを一切受け付けないと、疲労やストレスがたまることもあります。

日本で生産されるミルクは、世界的にも高水準なものなので、ママが疲れたときや、外出時、授乳する場所がないときなど、ミルクを利用するのも悪いことではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です