産後の肌トラブルは、ホルモンバランスや子育てのストレスが原因?

産後5

新しい命を無事出産した後というのは、毎日忙しくなることでしょう。

ただ、その忙しさはというのは大切な我が子のためですから、幸せを感じることがあるのではないでしょうか。

ところが肌にかゆみを伴ったりかぶれるなどの肌トラブルを起こしていることに気付いた時、「今までこんなトラブルはなかったのに」「どこか体調でも悪いのでは」などという不安を抱く事があるかもしれません。

実は、産後の肌トラブルに関しては多くの女性が悩んでいるのですよ。

産後1

どんな症状が起こる?

産後2

肌が乾燥したりかぶれるなどといった症状だけでなく、ニキビやシミ、そして湿疹や蕁麻疹などもあるのですよ。

ニキビやシミ、湿疹や蕁麻疹は顔でも起こることですが、手荒れで悩む人もいますので、「必ずこのようなトラブル」と決めることはできません。

さらに「妊娠線」も肌トラブルの1つで、妊娠中に皮下組織に裂け目ができてしまう状態を言いますが、実際に多くの女性がクリームなどを塗って対策をしていますね。

それだけでなく、乳首が茶色っぽくなったり、脇や外陰部、さらにはおへそから下に伸びる「正中線」と呼ばれる線も濃くなるのですよ。

なぜ肌トラブルが起こるの?

産後3

まず「ホルモンバランスが乱れる」という理由があります。

妊娠から産後1年ほどの期間に女性ホルモンはかなり変化しますので、どうしても肌荒れが起こりやすくなってしまいます。

女性ホルモンの「エストロゲン」や「プロゲステロン」は妊娠中に増加し、お腹の中にいる赤ちゃんにしっかりと栄養を送り届けたり、「乳管」を発達させて母乳を作る準備などをします。

ところが無事出産した後は、女性ホルモンが急激に減少して妊娠前の体に戻ろうとするものの、ホルモンバランスが安定した状態になるには時間が必要になります。

この期間内に肌が乾燥したりかぶりたれ、そしてニキビができたりかゆみを伴うなどの肌トラブルが起こるのですよ。

肌トラブルの原因は決してホルモンバランスだけではなく、育児による精神的なストレスから肌荒れを起こす可能性もありますし、母乳で赤ちゃんを育てている人に多いのが「便秘」で、この便秘が肌トラブルを起こす原因にもなるのですよる

母乳で赤ちゃんを育てていると、体内の水分や栄養が母乳にとられてしまいために便秘になりやすい状態になっています。

さらに、出産時の傷や痔などから便秘を引き起こすこともあるのですよ。

よく「便秘は肌に良くない」という情報を耳にしますが、まさにその通りで便秘は肌の新陳代謝を悪くしてしまうために、肌トラブルが起きてしまうことになります。

どうしたら予防や対策が出来る?

産後4

毎日育児に追われているとなかなか自分の時間を持つことが出来ませんが、なるべくスキンケア製品を使ってお肌のお手入れをしましょう。

ですが、今までのスキンケア方法とは違ってホルモンバランスなどの影響で肌トラブルを起こしやすくなっていますから、刺激が少ないものを使ってしっかりと保湿をすることが大切です。

「でもなかなか時間がない」ということであれば、最近人気があるオールインワン化粧品を使ってみるのもよいのではないでしょうか。

ゴシゴシとこするのではなく、優しく丁寧にお手入れをして下さいね。

また、産後だけでなく妊娠中の肌というのは紫外線にも敏感になっています。

外出する際はもちろんですが、部屋の中にいる時であってもきちんと紫外線対策をすることが必要です。

ただし、SPFが高い日焼け止めは肌に負担がかかりますので、赤ちゃんも使えるような肌に優しいものをおすすめします。

毎日の生活にも対策方法を取り入れてみて!

産後5

まず食生活を送る上で「大豆イソフラボン」や「ビタミン類」を積極的に摂取して下さい。

女性ホルモンの「エストロゲン」に似た働きをする大豆イソフラボンはおすすめですし、ビタミン類は女性ホルモンの分泌を促したりホルモンバランスを正常にする働きを持っているものがあります。

また、ストレスを溜めたまま毎日を過ごしていてはいけませんね。

赤ちゃんと笑顔で接するためにも、自分に合ったストレス発散法を取り入れるということ、そしてヨーグルトや食物繊維が豊富に含まれている野菜や食べ物などを取り入れて便秘を解消させることも大切ですよ。

ただ、あまりにも肌トラブルがひどかったり長く続くようであれば、迷うことなく皮膚科に相談して下さい。

授乳中であればそのことを伝えるときちんと対応してくれますし、肌の状態に合った治療をしてくれることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です