赤ちゃんは鼻呼吸しにくい?赤ちゃんの鼻呼吸を守るには

434abc594ce1ab91dbe39ebb0da75d97_s

鼻で息ををする時には、外部から取り込んだ空気に対して湿度を持たせて肺に送り込みます。
そのため鼻の粘膜から液体がが分泌されます。
この分泌液が鼻水になります。

湿度や気温の変化次第で粘膜部分が刺激されて、腫れてしまうこともあります。
そして風邪を引いていないにも関わらず、鼻詰まりを起こしやすくなってしまうわけです。

赤ちゃんはそもそも鼻が小さいので、鼻がつまりやすくなってしまいます。

鼻づまりの影響

では、赤ちゃんが鼻が詰まってしまった場合にはどのような影響が出てしまうのでしょうか。
やはり、寝付けないというのが多いです。

大人でも、鼻がつまると苦しくてなかなか寝付けなくなってしまうものです。
気が付くと、いつの間にか口での呼吸になってしまい、喉が乾燥してしまうかもしれません。

赤ちゃんも同じで、鼻がつまると息苦しくなったり、寝付きが極端に悪くなることがあります。
赤ちゃんにかかる負担はとても大きくなります。

また、やっと寝付いたとしてもいびきをかいてしまうことがあるのです。

酷い場合には呼吸困難になってしまうので、寝ている時には注意が必要です。
母乳やミルクが飲めなくなる場合もあります。

鼻づまりの赤ちゃんは飲んでいる時に息がしにくいです。
そのため、飲み込むのも辛くなってしまうのです。
しかし、飲まなければお腹がすきますよね。
少し飲んで息継ぎをして…ということを繰り返すのでなかなかお腹いっぱいになれないのです。

また、スムーズに息ができないので咳き込むこともあります。
咳き込むと吐き出してしまい、また飲まなければなりません。
寝ているときに吐いてしまうと、嘔吐物が喉につまります。
そして息ができなくなる、ということもありますので、注意が必要です。

鼻のつまりを改善するには

赤ちゃんの鼻づまりを改善するには、鼻水を吸い出すのが最も確実な方法です。
口で赤ちゃんの鼻水を吸ってあげてください。
赤ちゃんの鼻を片方ずつ抑えつつ優しく吸うようにするのがコツです。
赤ちゃんの耳に負担をかけることなく鼻水を吸えます。

赤ちゃんの鼻を直接吸うのに抵抗があるのであれば、吸引器も売られています。吸引器を是非利用してみてはどうでしょうか。
電動吸引器も販売されています。

耳鼻科に行くと、電動吸引器等で鼻水を吸引してもらえることもあります。
電動のタイプで吸い取るというのも1つの方法ですが、通院するのは大変ですのであまりおすすめはできません。

病院のものではなく、家庭用の電動吸引器もあります。
乾電池式なので持ち運びも便利ですよ。

また、スポイトのように鼻水を吸い取るタイプのものもあります。

くしゃみをさせる

赤ちゃんの鼻水を出す手段としてくしゃみをさせるというのも1つの方法です。
赤ちゃん用の綿棒、ティッシュを使用してくしゃみを出してください。

このように赤ちゃんの鼻水というのは時に窒息などの原因になりますので、普段からしっかりと鼻水を除去してあげるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です