子供が暴力的・反抗的になった!考えられる3つの原因

少年

子育てをしていると、時々「子供が暴力的になった」と感じることはありませんか?

暴力的になる子や反抗的になる子は、それぞれ家庭環境に問題があることも多く、それを改善しないと素行不良の大人になってしまうことも多くなります。

 

子供が小さな内は「まだまだ性格なんてわからないでしょ」という方もいますが、子供の性格の基盤というのは3歳までに決まると言われています。

つまり、暴力的な状態や反抗的な状態を放置したまま育ててしまうと、後々後悔してしまうこともあるかもしれないということです。

 

そこで、今回は暴力的・反抗的になってしまった時に考えられる原因について紹介します。

少年

原因1:気に食わない

子供というのは感情に正直な生き物なので、気に食わないことがあれば抵抗します。

その時暴力的になってしまったり、反抗的になってしまったりすることがあるワケです。

子育てをしている時は、子供たちが気に食わないことをしてしまうことも多々あります。

 

寝ているところを起こしてしまったり、好きなものを与えて上げなかったり、夜眠れなかったり・・・。

子供たちが不快に感じていることを解消してあげることで、素直で良い子に育ってくれる可能性が高いです。

 

ただ、あまりにも環境を整えて全て言いなりになっていると、2歳~3歳の間に自我が芽生え、よりわがままな子に育ってしまう可能性もあります。

良いことと悪いことの判断が付けられるような育児を心掛けたいですね。

 

原因2:欲求不満

お腹が空いている時、排泄をしたい時、眠りたい時などなど、子供には欲求がたくさん!

しかし、いちいち対応しているのは大変ですし、全ての欲求を満たしてあげるというのは、子育て中には難しい面もあります。

 

そういう時、子供たちの中には欲求不満になってしまって、その感情が爆発してしまうこともあるのです。

大人になる過程で我慢することの大切さを知っていくのですが、ブレーキの利かない子供たちは、当然暴力的・反抗的になります。

 

2歳や3歳になってくると親が言っていることも理解してくる年齢なので、上手に叱っていくことも重要です。

ずっと赤ちゃんのままだと思って接していると、逆に痛い目を見る可能性もあるワケです。

 

原因3:家庭環境・夫婦仲の悪化

家庭環境が悪かったり、夫婦仲が悪かったりすると、子供にもその影響が及びます。

特に毎日喧嘩しているような環境で育った子は、いわゆるアダルトチルドレンになる傾向が強いと言えるでしょう。

 

自分を犠牲にして家庭のトラブルを解消しようとするケアテイカーという症状が出たり、自分自身の存在を消そうとロストチャイルドになったりする症状が出ます。

特に赤ちゃんから3歳までの時期に家庭環境が悪化すると、子供達もその影響を強く受けてしまうワケです。

 

常に仲良くしろとは言いませんが、子供が暴力的・反抗的になった理由の多くは、実は夫婦仲が悪くなったり、家庭環境が悪くなったりしていることも多いのです。

 

 

 

子供が暴力的・反抗的になるには、何かしらの理由があります。

その理由をしっかりと見極めて対処してあげることが、親の役目だと言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です