赤ちゃんとバーベキューを楽しむなら忘れてはいけないポイント

meat-1440105_1920_R

赤ちゃんと一緒にバーベキューを思う存分に楽しみたい!
とはいっても、虫よけ、紫外線対策、暑さ対策といったしなければならないことがたくさんあります。
ママやパパも赤ちゃんとお出かけをして、楽しい思い出を作りたいでしょうし、外出先でお友達を作れるとても良い機会だといえます。

赤ちゃんとバーベキューをするときには、庭のあるお家で行うというのがやはり理想的です。
ただ、庭でバーベキューというのは簡単ではありません。
そのため、家の庭以外でバーベキューをする、ということになった時の注意点について考えてみましょう。

赤ちゃんが1歳を超えてから

赤ちゃんとのバーベキューデビューは、1歳を超えてからにしましょう。
川辺、湖などといったバーベキュー場に行って楽しむ場合には、虫や暑さ、寒さなどで辛い思いをさせてしまうことがあります。

環境的にどれだけ辛くても、赤ちゃんはなにもいえません。
そのため、何も言えない赤ちゃんのことを考えれば、あまり無理をさせないことが大切なのです。

万全な準備をして、それを前提にして赤ちゃんとバーベキューを楽しみたいのであれば、1歳を超えてからにしてください。
赤ちゃんは想定外の動きというのをしますし、慣れない環境であればぐずってしまうこともあります。
そのようになれば、お母さんもお父さんも疲れ果ててしまうかもしれません。

虫よけと日焼けは徹底して

虫よけと日焼け対策を万全に行うようにしましょう。
赤ちゃんのお肌というのは、仮に1歳を超えていたとしても、免疫力やバリア機能というのは不十分です。
そのため、できるだけ日陰を作ってあげて楽しむようにしてください。

日焼け止めを使用して、それからお肌にミストタイプの虫よけを使用してあげると、紫外線対策と虫よけの両方を行うことができますので試してみてください。
日焼け止めと虫よけが一緒になっているタイプのものもあります。

また、赤ちゃん用の虫よけであったり、日焼け止めを使用するようにしましょう。
その一方で効果も長続きしないので、2時間程度時間が経過したら塗り直しをしなければなりません。

短時間で我慢

赤ちゃんとのバーベキューは短時間だけ楽しんで我慢するようにしてください。
いくら赤ちゃんを休ませていたり、無理をさせないようにしたとしても、長時間付き合わせるというのは過酷です。

赤ちゃんの様子をしっかりと確認して、赤ちゃんが疲れてきた時にはどれだけバーベキューが盛り上がってきているとしても先に帰るようにしてください。

また、赤ちゃんにとって欠かすことができない授乳場所についてもチェックしておきましょう。
事前に調べておくと当日になって困ることもありません。

このように、赤ちゃんとのバーベキュー、外出時には、赤ちゃんに負担が掛からないように十分に注意してください。
そして疲れて来た時には、どんなに帰りたくなくても、赤ちゃんのことを第一に考えてあげるようにしてくださいね。
それもお母さんにとって欠かせないことなんですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です