オムツかぶれって?どうすれば改善できるの?

af8abca805b4b5c9b3f4ce0113ee7460_s_R

オムツによるかぶれって言葉を聞いたことがありますか?
このかぶれというのはオムツが触れているおしり、性器が赤くなる状態です。

おしりの盛りあがっている部分が赤くなってしまうことも多いです。
症状が酷くなると、ジュクジュクにただれてしまう場合がありますので注意が必要になります。

オムツを使用することで起こる皮膚炎なのですが、性器やおしりにできることが大半です。
しかし中にはオムツに常に覆われていることで、かぶれてしまうこともあるのです。

敏感な赤ちゃんの肌というのはちょっとしたことでもかぶれを起こしてしまいます。
お肌が柔らかいだけに、見ているだけでも痒そうですし、痛そうにみえるものです。

かぶれは様々なことが原因となって起きていますが、原因を把握することによってより良い方法で改善することができます。

どうしてオムツかぶれになってしまったの?

そもそも、どうしてかぶれが起こるのでしょうか。

どのような赤ちゃんであっても、一度はオムツかぶれを起こしてしまうものですが、その原因は一体なんなのでしょうか。

原因を把握していることで、お肌の炎症を起こしてしまうのを予防したり、迅速に対処することができるはずです。

赤ちゃんのオムツかぶれというのは、お肌が敏感になっている時に特に多く起こるといわれています。
そのため、赤ちゃんが体調を崩しているときには炎症を起こしやすくなっているので、十分に注意してください。

特に新生児や乳児のお肌というのは敏感です。
大人の皮膚よりもとても薄く、防御機能がしっかりと発達できていません。

このように体調によってはデリケートなお肌がさらに敏感になってしまいますし、いつもよりもかぶれを起こしやすくなっている状態である、ということを覚えておきましょう。

赤ちゃんが少しでも体調不良になっている時には、炎症を起こしてしまうかもしれない、ということ考え方をしておくと良いでしょう。

赤ちゃんがうんちやおしっこをした場合には、オムツの中の湿度、温度が急激に上昇します。
そのため、オムツの中が非常にむれやすい状態になってしまいます。
また、お肌がデリケートですので、掻いて傷がたくさんできてしまったり、その傷から刺激物などが侵入することで炎症をおこしかぶれがひどくなってしまうのです。

こまめにオムツの交換を

かぶれの原因となるのは、うんちやおしっこといった排泄物になります。
赤ちゃんは体の中にうんちやおしっこを溜めておくことができないので、一日に何度も何度もウンチやおしっこをします。
そのため、オムツ内部の環境はどんどん悪化するようになります。

下痢をしている場合には水分量が多いですし雑菌も繁殖しやすいのでかぶれやすくなります。

おしり拭きで拭くのも刺激となりますので、オムツかぶれがひどい場合には、軽くぬるま湯やシャワーで洗い流すのも良いでしょう。

普段からしっかりと赤ちゃんのオムツを交換して、清潔な状態にしておくということが極めて重要になります。
オムツの交換は大変な作業ですが、こまめに行うということを忘れないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です