滑舌の悪さや舌足らずは遺伝する?育児で実践したい発音練習法3選

少女3

赤ちゃんの時はわかりにくいものですが、子供が大きくなってくると、滑舌の悪さや舌足らずで悩むママも多くなります。

最初は「可愛いから良いか」と思っていても、大人になってからも舌足らずだと、何かとコンプレックスになってしまうことも多くなります。

 

しかも、舌足らず・滑舌が悪いなどの症状が出るかどうかは、子供の頃の育て方や遺伝が関係していると言われています。

もちろん、滑舌の悪さ自体が遺伝するということは考えにくいものですが、実はこういう悩みを抱えているママも多いです。

 

そこで、子供の頃から実践したい発音練習についてまとめます。

少女3

会話の機会を作る

誰とも話さない子供というのはいないと思いますが、無口な子も近年増加しています。

人見知りなのか、コミュニケーションが苦手なのか・・・そういう悩みも他に出てくるのですが、話す機会が少ないと子供の発音に悪影響が出てくることもあります。

 

基本的に滑舌の悪さや舌足らずというのは、会話が少ないことによって引き起こされることもあるワケです。

子供の頃から、ママが積極的に話しかけて、子供がそれを真似して話せるようにしてあげることが必要となります。

 

また、会話の機会を多くしてあげることによって、会話の間の取り方や抑揚、話し方などの成長にも大きく影響が出てきます。

 

正しい発音を教える

発音というのは、しっかり教えないと難しいものもあります。

特に子供達にとって難しい発音としては、「さしすせそ」「たちつてと」「らりるれろ」などの舌を使った発音です。

 

子供の頃に正しい発音方法を教えて上げないと、大きくなってからこれらの発音が苦手な子になってしまう可能性があります。

一緒に言葉遊びをしてあげて、絵本も読み聞かせて、とにかく言葉や音に慣れさせていくことが必要となります。

 

特に下の使い方がなっていないと、滑舌の悪い子になってしまう可能性があるし、大人になってから矯正しようと思っても難しいことがあります。

 

早口言葉を練習させる

アナウンサーや声優、ナレーターなど言葉を使う職業の人は、その多くがボイストレーニングや発声練習を行っています。

その代表的な練習方法が早口言葉です。

 

滑舌の悪さや舌足らずというのは、単純に舌の使い方や口の使い方がわかっていないだけかもしれないので、子供の頃から早口言葉を練習させておくというのも手です。

子供は親が言っていることを真似するようになってくるので、ある程度の年齢を迎えて話すようになってきたら、早口言葉も教えていきましょう。

 

とにかく言葉に触れさせる機会を増やし、それをはっきりと発音させることが重要です。

確かに舌足らずなのは可愛いですし、ママによっては「それが良い」と思うかもしれませんが、子供が大きくなった時のことも考えて対応してあげたいですね。

 

 

遺伝することはあまりないものの、成長する段階で滑舌が悪くなってしまったり、舌足らずになってしまったりすることはあります。

特にママがそういう人だと、子供も同じ状態になることもあります。

そういう意味では遺伝と言うこともできるのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です