新生児が泣き止む!ママが助かる即効性のある方法3選

赤ちゃん2

子育てしていると、赤ちゃんが大泣きしてしまって困るということもありますよね!

家にいる時は自分が我慢すれば良いだけなので良いですが、外出中などに泣かれてしまっては困り果ててしまうことも多くなります。

 

もちろん、ずっと家で泣かれていると、ママに対しての精神的なストレスにも繋がるので、できれば泣き止ませる方法を知っておきたいものです。

そこで、今回は新生児が泣き止む驚きの方法について紹介します!

 

この方法を知っておけば、赤ちゃんもぐっすりです。

赤ちゃん2

抱っこしてあげる

いきなり王道ですが、実は赤ちゃんはママの腕の中に包まれていることが安心に繋がります。

つまり、泣いている時は大抵ママが離れている時などが多いです。

まずは抱っこしてあげて、赤ちゃんに近くにいることを教えてあげることが重要です。

 

また、抱っこする際には単純に抱っこするのではなく、子供に話しかけながら抱っこしてあげてください。

ママの言葉を耳から受け入れ、子供達はそれを処理していこうとします。

その結果、よりママを見ると泣き止む子供に成長してくれるとも言われています。

 

実際に抱っこして話しかけるということについては、どのママもやっている可能性がたかいので、こちらの方法は基本中の基本として知っておくようにしておいてください。

なお、話しかける前に、赤ちゃんが要求していることを知ることも重要です。

 

オムツか食事の二択

赤ちゃんには主に欲求が数個程度しかありません。

「オムツが濡れているから交換して欲しい」という欲求もあれば、「お腹が空いた」という欲求があります。

新生児の場合は、主にそういった本能的なものでしかママに伝えることができません。

 

泣くという行為に関しては、何かしら嫌なことがあるから泣いているのであって、それを理解してあげることができれば、ママとしては合格です。

赤ちゃんが要求していることを知っておけば、より泣き止ませるのが上手となるでしょう。

 

それでいて、近年は多くのママが「何を言っているのかわからない」と嘆いています。

赤ちゃんは言葉を使えないので、泣くしかないのは当然のことです。

しかし、逆に何かあるからこそ泣いているのであって、それを気づけるのはママしかいません。

 

お気に入りの玩具

赤ちゃんというのは、驚くほど単純な生き物です。

お気に入りの玩具があれば、そちらを与えておくだけで機嫌が良くなります。

ただ、この玩具に関しては、ちゃんと赤ちゃん用に作られたものにしましょう。

 

呑みこんでしまっても大丈夫なものや角が尖っていないものなど、色々と販売されているので、そちらを選んでいくと良いかもしれません。

実際に良いものが見つかれば、それを与えるだけで泣き止んでくれることもあるので、赤ちゃんのお気に入りのグッズや玩具も検討したいですね。

 

好きなものであれば、ずっと遊んでくれるかもしれませんよ。

 

 

子供が泣かない時というのは、何かしらの不満を持っているものです。

しかし、子供の感情は大きく分けても数個しかないので、それぞれの状況に合わせて対応できるママになることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です